SONY α7III (5)
ついに念願叶ってα7IIIを購入しました。α7IIを使い続けて2年弱くらいになりますが、買い替えを決断した理由をここに記します。同じようにα7IIユーザーでα7IIIへの買い替えを検討している方の参考になれば幸いです。

α7IIからα7IIIに買い替えた際に決め手となったポイント

  • AF性能の向上
  • 進化したリアルタイム瞳AF
  • サイレント撮影機能の搭載
  • 設定画面のUI
  • 電池持ちの向上

α7IIでは不満のあったポイントがことごとく改善されたのがα7IIIです。

AF性能の向上

original_ILCE-7M3_img_02
AF性能の向上は目まぐるしく、AF-Cのエリアが拡大。使い勝手が段違いに良くなりました。

進化したリアルタイム瞳AF

y_ILCE-7M3_EyeAF
瞳AF自体はα7IIでも利用できましたが、α7IIIではリアルタイムに瞳を追いかけるAFに進化。シャッター半押しで被写体の瞳に合焦し続ける様子は驚愕です。動物にも瞳AFが効くとのことなので使えるシーンは結構多そう。

サイレント撮影機能の搭載

y_ILCE-7M3_SilentShutter
地味な点ではありますが、意外と「あればいいな」と思っていた機能です。静かな飲食店などでメカニカルシャッターの音は思いの外大きく感じます。どちらも自由に使い分けられるというのが嬉しいところです。

ちなみにメカニカルシャッターの音がα7IIのときよりもだいぶ良くなりました。歯切れの良い感じで、シャッターを切りたくなる気持ちを掻き立てられます。

設定画面のUI

α6500を使っているとα7IIの設定画面は1世代古いデザインで使い勝手に差がありました。買い替えにはその足並みを揃える意味もありました。

電池持ちの向上

SONY α7III (7)
α7IIIでは従来のWバッテリーからZバッテリーに変わりました。バッテリー容量も増加し電池持ちが大きく向上。外出先で電池交換をする回数が減りそうです。これによりα6500と電池の互換性が無くなったので複雑な気持ちです。

惜しいポイント:美肌効果機能を削除

α7IIにはあった「美肌効果」がα7IIIでは無くなっています。JPG撮って出しでそのままスマホに転送、LINEなどで友人などに共有するといった使い方をしている場合にはあると便利でした。

α6500で実現していた機能に追いつきたかった

αシリーズ (1)
APS-Cセンサーを搭載したα6500を所有しています。世代的にはα7IIより新しく、α7IIIに搭載された機能の多くがこちらにも含まれています。やっと足並みを揃えることができました。

買い替えによるデメリットはほぼ無し あとは予算との兼ね合い

SONY α7III (6)
α7II→α7IIIへの買い替えで「改悪された」と感じる点はほとんどありません。あとは買い替えるための費用が割に合うかどうかだけ。

α7IIIはキャッシュバックキャンペーンを実施中

mainvisual
2020年7月26日までの期間限定でキャッシュバックキャンペーンを開催中です。α7IIIボディ単体を購入しても2万円のキャッシュバックが受けられます。
α7IIは中古市場で人気ですから中古品として放出すればリセールバリューも期待できます。

α7IIIの新品価格は税込み22万円前後です。キャッシュバックや中古放出などを駆使して少しでも購入費用を抑えたいところです。

さらに背伸びしてα7R IIIという手もありました。こちらはキャッシュバックが3万円。高解像度を活かしてAPS-C用レンズを装着して使っても実用的な画素数が残ります。私には30万円は用意できませんでした。

情報元・画像引用:α7 III | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー