ソニー RX100III (1)
1台あると便利な高級コンデジ。私はソニー派なのでデジカメはソニー製品で統一してます。ブログやってる方もそうでない方も、ぜひ1台持ってると楽しいカメラです。

RX100IIIのいいところ紹介

ガジェット系ブログをやってると機会の多い物撮り。製品レビューの際の写真はせっかくなら綺麗な方が良いですよね。でも私は手間をかけるのが苦手…。そんな場合にRX100IIIは1台で必要なものが揃った優等生です。

内蔵ストロボで天井バウンスが可能

ソニー RX100III (2)
内蔵ストロボは指で押さえることで上を向かせることが可能です。いわゆる「天井バウンス」を手軽に行えるため重宝します。これができるカメラを持ってると物撮りが捗ります。

RAW撮影に対応

撮影時にRAWでの保存に対応しています。カメラ側で設定を追い込めばJPG保存でも良いのでしょうけど、私は撮影後にまとめてLightroomで現像しています。必要に応じてレタッチできますし。
ストロボ天井バウンスとRAW撮影の両方に対応しているという点でRX100IIIはブロガーの物撮り用カメラに最適な1台と言えると思います。

RX100IIIで撮影した物撮り写真を紹介

ASUS ZenFone 6 (1)
例:RX100IIIで撮影(内蔵ストロボで天井バウンス)
カメラ機材はRX100IIIのみです。他には後述する背景紙だけしか用意していません。ほとんど手間をかけていませんが、個人的にこれで十分だと思いました。

撮影に使用した機材

RX100シリーズは最新がRX100VIIまで出ていますが、予算や使い方に合わせて選ぶと良いと思います。ブログでの物撮りがメインならRX100IIIは良い選択肢です。Wi-Fiも対応しているのでアプリを使ってスマホへの転送も手軽に行なえます。InstagramやTwitterにアップする際に便利。

白い背景紙(バックペーパー)を用意

現在はこういったPVC製のバックペーパーを壁からテーブルに吊るし、その上に被写体を置いて撮影しています。壁側も白くすることで背景の映り込みを防止できたり、製品を正面から撮るような構図も可能になります。

HAKUBA レンズクリーニングティッシュ (1)
例:製品の箱を立てて正面から撮影(α6500+ストロボ)

一眼カメラも良いけれど…

αシリーズ (1)
例:RX100IIIで撮影(内蔵ストロボで天井バウンス)
APS-Cセンサーのα6500とフルサイズセンサーのα7IIを所有しています。普段ブログに載せている写真はα6500で撮影したものです。RX100IIIに比べてセンサーが大きい分、現像時の余裕がありますし綺麗に撮れているようにも思います。

この写真もRX100IIIで撮影しています。シャッタースピードや絞りといった知識はここから覚えられます。カメラにこだわりを持ち始め、大きなセンサーを持つ一眼カメラにステップアップするのも良いですし、そういた際にもRX100IIIは無駄にならず、コンパクトなサブ機や軽装時の持ち歩き用カメラとして役に立ちます。持ってて損の無い1台ですよ。