スバルXV ドラレコ アイサイト (3)
最近あおり運転や自動車事故のニュースが多く報道され、うちも早くドライブレコーダー設置しないとなぁと思ってたのですがタイミングがなかなか見つけられず。ふと入ったイエローハットにて即日取り付けが可能だったことから衝動的に購入・設置となりました。

私の乗るスバルXVは2つのカメラを使うアイサイトを搭載しています。ドライブレコーダーの取り付け場所など、なかなか気を使う場面ですが上手いこといったので参考になれば幸いです。

前後2カメラ対応のケンウッド製ドライブレコーダー「DRV-MR740」を購入

地元のイエローハットで購入し、ここで取り付けてもらいました。ちなみにこのお店での取り付け工賃は1万円。店舗によっては取り付け工賃がドラレコ持ち込みと店頭購入で違う場合がありますのでご注意ください。

もともとあおり運転対策の意味合いもあり、リアカメラは必須だと考えていました。店頭で取り扱っていた2カメラドラレコは複数ありましたが、その中では最も高性能なものを選択したつもりです。

リアカメラは100万画素と低画素な製品も多い中、DRV-MR740は前後ともに200万画素です。

スバルXV ドラレコ アイサイト (5)
リアカメラの取り付け位置は何も気にすることなくハイマウントランプの真下あたりにしてもらいました。電熱線がカメラに映りますが、特に問題ありませんでした。

最初の取り付け位置がまずかった

スバルXV ドラレコ アイサイト (6)
少々見にくいですが、これが最初に取り付けた位置です。干渉を気にしてアイサイト左カメラの更に左。助手席の正面あたりです。

スバルXV ドラレコ アイサイト (1)
撮影した映像を切り出してみました。夜が近づき暗くなってきた頃で、雨が降っているシーンです。ワイパーが拭き取る範囲が半分ほどしかカメラで映せておらず、視認性が悪いことがわかります。これではちょっと不便です。

取り付け位置を調整してもらった

スバルXV ドラレコ アイサイト (4)
後日改めてイエローハットに伺い、カメラ位置を変更してもらいました。配線隠しも新しい位置に合わせてやり直してもらいスッキリしています。

アイサイト 干渉 禁止エリア
アイサイトとの干渉や動作不良を防ぐため、スバルはフロントガラスやダッシュボード上の禁止エリアを定めています。今回のドラレコ設置はこれを無視しています

スバルXV ドラレコ アイサイト (3)
ドラレコのベース部分を貼り付けたのはルームミラーの根本右側あたり。各種センサーやETCに干渉しないギリギリのスペースです。

運転席からはルームミラーのせいでドラレコの液晶が見えませんが、そもそも運転中に見ることもないのであまり気になりません。

スバルXV ドラレコ アイサイト (2)
正面から撮影するとこんな位置にあります。アイサイトとの干渉が気になる配置ですが、今のところ動作不良やアイサイト使用不可の表示は出ていません。アダプティブクルーズコントロールもきちんと使えています。

スバル純正や推奨を無視した設置

今回取り付けたドライブレコーダーはスバル純正品ではありませんし、取り付け位置も禁止エリア内なので何かあった際には保障されないかもしれません。

とはいえスバル純正ドラレコと言えば選択肢は少なく、価格面・画質面でもけして評価が高いわけでもなく…。

あくまでも自己責任ではありますが、今回取り付けた位置は一応スバル純正品の設置場所を参考にしています。運転中にも邪魔になりませんし、個人的には良い感じです。アイサイト搭載のスバル車に乗る方の参考になれば幸いです。

ちなみに以下の商品は今回購入を検討した他の選択肢です。