b7424f5e
先日Amazonのタブレット「Fire HD 10」を購入しまして、これで世代こそ違えどFire 7 / Fire HD 8 / Fire HD 10が揃いました。

非常に安価なタブレットですが、安いからこそ割り切って使えるため結構便利な製品です。

とにかく安いFire 7

d2dac484

  • 画面の綺麗さ:△(1024x600ドット)
  • 書籍閲覧:△
  • 動画視聴:○
  • 価格:◎(プライム会員なら3780円から)

定価8980円。記事執筆時点で開催中のキャンペーンクーポン利用で5200円オフとなるFireシリーズの中でもダントツに安いエントリーモデル。安すぎて保護フィルムやケースにお金をかけるのがもったいないくらいのレベルで、1部屋に1台も夢じゃない製品です。

1024x600ドットとお世辞にも精細とは言えないディスプレイですが、なかなか発色良く動画視聴では十分な画質だと感じました。

Fireタブレットの魅力である”microSDにKindle本を保存できる”ことを最重要視して、大容量低価格のKindle閲覧タブレットとしての運用を想定しているならアリかもしれません。

バランスの良いFire HD 8

58ffbf07

  • 画面の綺麗さ:○(1280x800ドット)
  • 書籍閲覧:○
  • 動画視聴:○
  • 価格:○(プライム会員なら6980円から)

Fire 7より3000円高いFire HD 8はおそらくAmazonのメインストリームモデルです。最低グレードの内蔵ストレージが16GBで2倍に。画面解像度もスペックも向上しています。

1インチ大きくはなりますが、ほとんどFire 7と同じような運用ができます。片手で鷲掴みも可能です。ただしアウターのポケットなどには入らないかも…。

自宅で動画視聴するならFire HD 10

DSC06428

  • 画面の綺麗さ:◎(1920x1200ドット)
  • 書籍閲覧:△
  • 動画視聴:◎
  • 価格:○(プライム会員なら1万2080円から)

先日発売されたばかりの、Fireシリーズでは最新となるFire HD 10です。従来から大幅な値下げ(他のFireタブレットに倣う価格設定)と1920x1200ドットの高精細化が特徴的です。

高精細で大画面のディスプレイは動画視聴に最適で、自宅でゴロゴロしながらプライムビデオを観るならこれ。

電子書籍リーダーとしてはイマイチでした。縦に持つと妙に大きくて、見開き表示も微妙に小さいので”帯に短し襷に長し”といった印象が強いです。

個人的にはFire HD 8がベストだった

f53bd1b8
使い方次第なのは当然ですが、私の場合はFire HD 8が最も合っていると感じています。もちろんそれぞれに魅力があり実感もしているのですが、1台だけ選ぶなら間違いなくFire HD 8にします。

画面は大きいほど快適

f6843c46
Fire 7とFire HD 8を並べてみると、1インチでも結構な差があります。この2台の場合は解像度にも差があり、少しでもクオリティを高めたいならFire HD 8を選ぶべきです。

片手で保持できるギリギリのサイズ

78d0ee08
鷲掴みしてしっかり保持できるサイズの限界がここだと思います。もちろん7インチのFire 7でも可能ですが、画面は大きい方が快適です。