DSC05476
信頼と実績のトリニティ。Xperia Z3などのアクセサリーとしてもお世話になっていたトリニティですが、Xperia XZsでも助けられました。めちゃくちゃ出来の良いガラスフィルムです。

一体成型タイプのガラスフィルム

購入した製品はこちら。トリニティ製のXperia XZs向けフィルムはいくつかラインナップがありますが、上記リンクのものを購入しました。

1枚のガラスを成型して曲面を仕上げているタイプです。表面には継ぎ目が一切なく、先日購入したガラスフィルムのように継ぎ目に気泡が出る心配はありません。

関連記事:Xperia XZsを全面カバーできるAMOVOのガラスフィルム

DSC05477
付属品は以上の通り。ウェットクロスは入ってないので指紋汚れが多い場合には別途用意しておきましょう。

失敗なく貼り付けられる「魔法のツールV3」

DSC05480
パッケージの棚に掛ける部分は以前からケーブルマネージャーとして再利用できるなど、工夫をこらしていました。今回付属したものは更に進化していて、ガラスフィルムを貼り付ける際のツールにもなります。

DSC05481
Xperia XZsのUSB-Cポートに挿し込み、ガラスフィルムに貼られたシールの穴とツールの出っ張りを合わせます。すると自然と貼り付け位置が決まります。

DSC05482
そのまま内側のフィルムを剥がして貼り付ければ完成。めちゃくちゃ簡単に位置合わせができました。

表示部への干渉も最小限

DSC05484
こんなにも簡単に貼り付けられるとは思いませんでした。表示部への干渉もほとんど無く、ベゼル部分がディスプレイを覆ってしまい不便…といったトラブルはありません。

DSC05486
ガラス1枚を成型したタイプのフィルムですから衝撃には強くありません。そこで同じくトリニティ製の耐衝撃ケースと組み合わせることで欠点をカバーします。ケースとフィルムの干渉もなく、ビシっと決まっています。

1枚3000円ほどで安物のガラスフィルムの倍ほどの値段ですが、さすがの完成度です。ハズレ製品に当たったことがなく、私の中でトリニティへの信頼度がグングン上がっています。ありがとうトリニティ。

おすすめ度:★★★★★

あわせて読みたい:トリニティのXperia XZs用ケース「Simplism Fablex」レビュー