DSC03678
Wiko Tommyを触り始めてまだ1時間も経ってないのですが、各所で面白い日本語が登場するので紹介します。

怪しい日本語満載の独自ソフトウェア

Screenshot_20170225-132341-horz
Tommyは基本的に素のAndroidがベースとなっているようです。そこにWiko独自の機能が載っている感じですね。問題のWiko独自実装部分ですが、不思議な日本語が確認できます。

Screenshot_20170225-132327
随所でカタカナが現れるのはどういう意味なんでしょうかね。全角と半角が入り混じってるのも面白いです。

Screenshot_20170225-132546
「発売までにアップデートで改善する」という話もあったようですが、私の環境ではこれが最新バージョンでした。

アップデートが来ました:Wiko Tommyに発売後、初のアップデート配信開始で一部不具合や日本語表示が改善

ついでにホーム画面、アプリ一覧を紹介

Screenshot_20170225-132018-horz
ここからはオマケみたいなものですが、ホーム画面はこんな感じです。Wikoのロゴといい、明るい色使いといい、昔のXperiaの海外向けローエンドモデルを連想します。

Screenshot_20170225-132124-horz
アプリ一覧は縦長表示。プリインストールアプリはそれほど多くありません。

使いにくい日本語入力アプリ

Screenshot_20170225-134836-horz
プリインストールされている日本語入力アプリはオムロン製でした。テンキー表示は可能ですがフリック入力は使えません。Google日本語入力かATOKを別途インストールするべきでしょう。

あわせて読みたい:日本でもゲームチェンジャーとなりえるか?Wiko Tommy開封・外観レビュー